話数という概念が無い

ブログ久しぶりです。出羽です。 先ほどPixivにアヤカシ夜行の『九尾狐編』を投稿しました。

厳密には16日に投稿してたんですが、1枚入れ忘れてたことにさっき気付いて投稿し直しました。

サイトに載ってるのと同じですが、Pixivで読んだ方が読みやすいわって方はどうぞ。

https://www.pixiv.net/artworks/82544828

※更新はサイトの方が早い上に、Pixivは不定期+小ネタ投稿中心になる予定です。


いやね、例えば雑誌に掲載してるような作品は話数が存在してると思うんですよ。

そして毎回見せ場を作って~とかあると思うんです。

が、アヤカシ夜行の場合はそういう概念がそもそも無いです。

この話を描こうと思ったキッカケは一応あるんですが、語るほどのものではなく…とはいえ、そのキッカケ的にも従来の商業的な面を求める作品ではないため、全力で自由に描いています。

点と点を線でつないでいく、そんな感じで進めていこうと思っています。眠くなってきた。


では、おやすみなさい。